Serving Your Vision

眼科機器製品情報 ご利用上の注意

このホームページをご利用いただくための注意事項です。
このホームページは国内の医療従事者の方を対象に、タカギセイコーの眼科機器製品に関する情報を提供しています。
国外の医療関係者、一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。
あなたは、日本国内の医療従事者ですか?

 

700GL NSW スリットランプ

NSWとは?

Narrow angle Stereo Wide viewerの略で、広角眼底観察装置を意味しています。

NSWの原理

スリットランプで眼底を観察する際、両眼視を得られる範囲は左右の視野が重なった部分のみです。これは視路角が大きければ大きいほど両眼視で得られる範囲は狭くなってしまいます。
この視路角を4.1°とすることで、左右の視野が重なる部分を増やし両眼視で得られる範囲を広くしました。

特徴

700GLと700GL NSWの違い

  • 700GLの視路角は、10°に設定されています。他社スリットランプと比較しても眼底が診やすいスリットランプとなっているため、一般診療向きのスリットランプになります。
  • NSWをONにした場合の視路角は、4.1°になります。700GLよりも約133%の視野を確保することができます。そのため、眼底観察等を頻繁に行う特殊外来などに有効なスリットランプになります。

※ 700GL NSWは工場オプションの装置になります。700GLを700GL NSWに変更することはできません。

NSWの特徴

  • NSW仕様はプリズムにより、観察光路を狭めています。そのため、小瞳孔の患者さんでも両眼視で眼底観察を行うことができます。
  • 他社の同一装置は、その装置の厚み分だけアイピースが患者さんの眼よりも離れてしまいます(WDが長くなってしまう)。NSW仕様は、WDを広げることなくお使いいただけますので、診察においてストレスを感じることはありません。また、WDが変わらない最大の利点として、小柄な先生でも問題なく使用いただけることです。

*WD = Working Distance

仕様

顕微鏡部 形式 ガリレオ式内方視双眼実体
変倍形式 ドラム式5変倍
接眼レンズ 12.5倍ワイド・ハイアイポイント
総合倍率 6X, 9X, 15X, 24X, 37X
実視野 Ø37.8, Ø25.2, Ø15.1, Ø9.5, Ø6.0 mm
眼幅調節 52mm~82mm
視度調節範 ±7D
架台部 前後左右移動量(粗動) 105mm
前後左右移動量(微動) 15mm
上下移動量 30mm
顎台部 上下移動量 85mm
スリット部 スリット幅 0~14mm連続可変
照明野径 φ14, φ10, φ5, φ3, φ2, φ1, φ0.2mm
フィルター ブルー, 無赤色, ブルーコレクション, イエロー
光源 LED
電源部 電源電圧 AC100V-AC240V(±10%)
電源入力 DC5V 2A
固視灯 固視灯光源 赤色LED
重量 12.5kg

寸法図

オプション構成